ダメ太郎先生の底辺日記

底辺に生きる男の日々を書いております

格差社会なんだが・・・

確かに現代は格差社会なんだが、そこからは100%這い上がれないかと言えばそれも違うような気はします。

 

底辺会社にいるといろんな人材が幹部下っ端問わずいます。能力のあるやつと能力が全く無い奴の格差が激しく、自分の考えで行動が取れない奴はおそらく、底辺から這い上がれる確率は0%でしょう。今の職場を見てて確実にそう思う。

 

ホントに底辺の職場でも自分で物事考えて要領よく業務をこなすということは、それなりに頭でアイデアを生み出しているということで、その能力が底辺から這い上がれる力になる。会社の言いなりになって反論もせずその通り業務をこなすということは、一般的には正しいのかもしれないが、俺から見れば糞だね!言いたいことは言って、少々クレイジーなくらいでないとこれからの時代は楽しめないだろう。

 

1人の人間が幾つもの仕事を掛け持ちをしなければならない時代は確実に来ます。それも65歳過ぎても働き続けなければならない。間違いなくそういう時代は来る。正社員だろうと非正規従業員だろうと同じことです。

 

自分自身が営業マンになり、そして自分自身が技術者になっていかなくてはいけない時代はすぐそこまで来ている。オールマイティーな能力は身につけていかないといけないと思う。