読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ太郎先生の底辺日記

底辺に生きる男の日々を書いております

メーカーはもう発展しないでしょ!

今日はハロワーを覗いてきました。いつも通り応募したいなと思う求人はあまりなかった。

 

感じることは製造業はホントに終わってるなと感じる。だいたいの製造の企業は派遣や請負を使って、人件費を抑える形で従業員を雇用しようとしているが、それでも製造業全体は他の業種と比べてもかなり苦しくなっている。

 

製造業って多額の設備投資をしたり、多くの人材を雇用し人件費も物凄くかかる。そして一回そういう物を作ってしまうと、なかなかこの仕事はうまくいかないから別の方向に変えていこうなんてことはできない。作っているものが時代に乗り遅れてしまってるものならば、フットワークの鈍い製造業はあっという間に多額の借金抱えて倒産してしまう。

 

何年か前潰れる寸前の工場の社長を見てました。自分がいた工場の協力会社の社長だったが、いつも現れるたびに死にたいとガチな顔して言ってました。その社長の工場はもう社長1人でやっていて、その工場でその社長は暮らしていました。最終的にはその工場は潰れて、その工場も手放してその社長はいなくなっちゃってそれ以降はどうなったかはわからない。それ以外にも数十億という負債を抱えてしまっている製造会社にも出くわした。

 

今の時代製造業で上手くいっている会社なんてホントごく一部で、それ以外は赤字経営だと思う。っていうか、こんな世の中じゃ上手くいくわけがない。ホントに必要とされているもの以外は作っても売れない。スマホ業界も多少知っているがホントに泥沼の戦いですよ。ギリギリまでコスト抑えてそこから利益を無理やり作り出しているって感じです。多分どこのメーカーも同じだと思う。

 

多分時代に乗り遅れている会社は確実に潰れる。なので同じことをずっと続けることしかできないビジネスは生き残れない。スモールビジネスで時代を確実に捉えてフットワークが軽ければ、割と生き残れるのではないかと感じる。

 

これからは絶対雇用されて働いているだけでは生きられない時代はやってくる。これは間違いないw 絶対そうなる。