ダメ太郎先生の底辺日記

底辺に生きる男の日々を書いております

本当の勝ち組って・・・?

今日は副業専門誌「BIG tomorrow」の発売日です。自分は毎月購読しています。 

度々僕はTwitter格差社会に関わるTweetを見ている。やはり一度底辺に落ちると二度と底辺から抜け出すことはできない。だからと言って正社員として働いているというだけで勝ち組とは限らないみたいだ。

 

正社員にも2種類があって、しっかりした待遇で働いている正社員もいれば、低待遇で働いている名ばかり正社員もいる。だいたい今の時代の中途採用の正社員の求人は名ばかり正社員のほうだ。名ばかり正社員はたいてい非正規で働いている連中よりもきつい現実を味わっている。僕自身もそういう経験を過去にしている。

 

これからの時代ってホントの勝ち組って正社員で働くことだけだろうかと疑問に思う。どの企業も今は正社員の枠をどんどん減らそうとしている。そして正社員の負担は増えていくばかりだ。睡眠時間もまともに取れないような働き方をしている正社員もおそらくいるはずです。自分も朝8時から深夜1時半まで働いて残業代も出ず、月の休日8日のうち4日から5日は給料も出ない状態で休日出勤をさせられる会社で正社員として働いていた時期もある。それだけ働いても給料は手取りで15万くらいだった。その会社の社長の言い分は固定給だとほざいていた。辞めたくてもなかなか辞めれなかった。とにかく社長に強い口調で説得され会社を辞めさせてくれなかった。多分そういう会社って多いと思うし、現時点でそんな会社で働いている人もいるでしょう。

 

今ホントに底辺の人が勝ち組になるためにはやはり非正規の仕事を程々にやり、それをしながらサイドビジネスを考える。なかなかサイドビジネスも難しいがその道しかないだろう。変に無理やり正社員の求人に応募して採用されてしまっても、そこがブラック企業だったらホントに地獄になります。

 

かなり前から副業専門誌「BIG tomorrow」を購読している。ほんとに底辺の人は副業を考えたほうが良いと思う。かなり難しいと思うが、単純に非正規の仕事をしてそれだけで終わりでは、高齢になったとき何もできなくなってしまう。今からビジネス的な思考を持っておけば、同じ高齢になったときでも何かしらの対策は練れそうな気はします。