ダメ太郎先生の底辺日記

底辺に生きる男の日々を書いております

絶対失敗するだろう!

f:id:tds003:20170122141224j:plain

 

任天堂が3月に新しいゲームマシンを発売するらしい。ゲームマシンの名前は「NINTENDO SWITCH」ということだ。

 

自分も最近はゲームはあまりしないが、昔はかなりのゲーマーだった。今ゲームをやらなくなった理由は面白いゲームがなかなかないからです。常に面白そうなゲームを探しているがなかなか見つけられない。

 

「NINTENDO SWITCH 」というゲームマシーンを僕の視線から見ると、どう考えても失敗するだろうと思う。本体にディスプレイが内蔵されていて、それを取り外し両サイドにコントローラーをくっつけて携帯ゲームマシーンになるみたいだが、その時点で据え置きゲームマシーンか携帯ゲームマシーンのどっちかにしてくれと感じる。

 

内蔵されているディスプレイもなんとなく普通のタブレットPCにも見え、それにコントローラーをくっつけて外出中にゲームをプレイする。携帯ゲームマシーンにしても大きすぎるし、スペックもそれほど高そうに見えない。持ち運びなんてできなくていいので、スペックの高いハードを任天堂には作ってもらいたいものです。いちいち外出中にこんなにデカいゲームマシーンなんて持ち歩かない。タブレットスマホを持ち歩くのはゲーム以外に色々できることがあるから持ち運ぶ価値もあるが、ゲームしかできない機器でここまでデカイと持ち運ばないし、そして外出中に夢中にゲームをしていることなんてあまりないと思う。

 

ニンテンドー3DSは僕は所有しているし僕は評価している。携帯ゲームマシーンとしてしっかりしているし、ゲームの父横井軍平さんの意思を継承しているマシーンだと思う。明らかにこのゲームマシーンの形は僕が小学生の頃に遊んだゲームアンドウォッチのドンキーコングとそっくりで、僕の中でもゲームマシーンとはこの形だと感じる。新しいゲームソフトが発売する数は最近は少ないが、度々楽しめるゲームが発売されます。「NINTENDO SWITCH」はどう見てもゲーム機に見えず、普通のタブレットに見えてしまう。普通のタブレットBluetoothのコントローラーで無線接続してゲームをしていたほうがまだ良いと感じる。

 

今の時代ってゲームマシーンの存在価値ってかなり低いような気がします。スマホタブレットがスペックが高いのでゲームマシーンとしても成り立ってしまう。これからの時代は新たにゲームマシーン出してもダメだと思う。スマホタブレットで動かせるゲームソフトを作ることに集中させたほうが良いと思う。