ダメ太郎先生の底辺日記

底辺に生きる男の日々を書いております

ダメ会社から学べること

今の職場も既に崩壊しかかっている。なぜなら素人集団の集まりで、仕事がわかる人間が非常に少ないからだ。

 

僕自身も入社してわずか1年で新人に教育したり指示出したりしているが、僕自身も今自分の受け持っている仕事はわかっていないし、仕事のことで相談できる人もいない。

 

仕事の中身も曖昧な部分も多く、作業手順もはっきりしていないし、注意すべき部分も見えてこないし問題が起これば罪の擦り付け合い。しかしながらこういう状況見ていると、こうしなければならないんじゃないかなという考えも湧いてきたりもします。湧いてきても会社全体が改善する気がないので、職場が崩壊していくのもそれもまた運命でしょう。

 

今の状況を見て副業をする上での考え方が浮かんできます。

仕事とは仕事の内容を把握し、作業手順を明確にし業務を進めそれを循環させる。問題が起こればそこを修正してやり改善させる。

 

副業をするならネットとビジネスを結びつけ、自宅にいても外出していても業務をこなせる状態を作っていきたい。何をどうのようにして収益を得ていくかはまだ考え中だが、空いた時間でしか業務ができない以上、ネットを使うビジネスを考えていくだろう。